facebook twitter

春はすぐそこ

 2月から町内の田畑のあちこちで菜の花が開き、一足早い春の訪れを告げています。

 黄色い花が寒風にそよぐ姿は、温かいお茶が体に染み渡るように、心を温め和ませてくれます。

写真1.jpg

 

 3月のある晴れた日、伯耆町役場前の菜の花畑に、友人と一緒に4歳のお嬢さんをモデルに

写真撮影を楽しむお母さんがいらっしゃいました。

 その楽し気な様子が風に乗って伝わったのか、写真が趣味だという一眼レフを持った女性が

通りがかり、その微笑ましい親子の様子を優しく見つめていらっしゃいました。友人のインス

タで伯耆町に菜の花が咲いていると知って、この辺りを散歩していたそうです。

 コロナ禍の昨今、遠方の知人とはオンラインで連絡がとれ身近に感じることができるように

なった反面、近しい人たちとの交流は、マスクやパーテーション越しで、前より遠く感じ、寂

しくなりました。

 このような交流は久しくなかったので、菜の花が引き合わせてくれた、写真を楽しむ方たち

との温かな時間に、とても癒され筆者でした。

写真2.jpg  

 

 

 春の兆しが見え始めた3月2日(水)、伯耆町坂長の高齢者クラブ「友の会・坂長」が、

コロナの早期収束と後世に残る活動をしたいという思いから、坂長遺跡公園にカワヅザクラ

の苗木3本を植樹しました。

フラッシュ.jpg

 友の会・坂長は、同地域に住む60歳以上の方で作られた自主組織で、現在の会員数は43名。

花見や納涼会、紅葉狩りといった季節行事などで毎年交流していますが、この2年間は、新型

コロナウイルス感染症の影響で活動ができなかったそうです。

 そのような中、昨年2月の役員会で「後世に残る何かがしたい」と話が持ち上がり、話し合

いを何度か重ね、カワヅザクラの植樹を企画し、今日まで約1年かけて準備をしてきました。

 

 

写真4.jpg

 

 当日は、同会の有志11名が地域内の賀茂神社へ集まり参拝した後、遺跡公園へ移動。

 会員らはスコップで深さ40センチ、直径30センチの穴を約5メートル感覚で3つ掘り、

高さ2メートル半ほどある苗木を丁寧に植えました。木で作った支柱に苗木をひもで固

定し、たっぷり水やりをして、約1時間で全ての作業が完了しました。

 作業の間、会員らは「花が見られるころには天国に…」など冗談を言って笑いながら、

とても楽しそうに作業しておられました。

 

写真5.jpg

 

 また、この日のために用意された石碑には「健康祈念植樹」の文字が刻まれ、サクラと

一緒に建てられました。

 この苗木と石碑は、新たな地域の財産として、次の世代へと受け継がれていくでしょう。

 

写真6.jpg

 

 今回の植樹にあたり、同会の山田通会長は、「以前から、個人的に、ソメイヨシノより

開花が半月早いというカワヅザクラに惚れ込んでいました。クラブの活動がコロナで2年

間できず、後世に残る何かがしたいと思って、役員会で何度か話し合いをして、このたび

の植樹に至りました。小さなことだが、当クラブで活動してきたことを後世に残せる、

いいことをしたなと思います」と話しました。

 

▼植樹が行われた坂長遺跡公園

写真7.jpg